2200系電車(廃車)

関西他私鉄に先駆けて高性能車を投入

2200系電車は1954年に登場した通勤型車両です。編成は一両ないし二両を基本としており、支線区でも容易に運行することが可能であるのが特徴です。

また、この車両は直角カルダン駆動方式を初めて採用しており、所謂「高性能車」の第一世代として名高い車両です。床下に並んだ沢山の抵抗器の迫力と相まって、紀伊電車の高性能化を内外に知らしめた車両でもありました。

晩年は2600系電車の増結用として活躍し、ラッシュ時のみの運用となっていましたが、5000系による置き換えが進み、1985年に全車が引退しました。結局、引退時まで冷房が装備されることはありませんでした。

奇しくも、1985年の2200系全車引退を持って紀伊電車は全車冷房化を実現する事となりましたが、2200系が残したカルダン駆動方式、3ドア構成の車体、赤と緑のツートン塗装は、その後も脈々と受け継がれることとなるのです。

 

2200系電車

定員 100人(うち座席40人)
最大寸法 17,800x2,800x4,000mm
自重 36.2t
最高速度 100km/h
加速度 2.5km/h/s
減速度

3.0km/h/s

 

ICカードが使えます

紀伊電鉄線では、全線にてICカード「MAJICA」が使用出来ます。「乗る・貯める・使う」のMAJICAを是非ご利用下さい。

公式ツイッター

作者はこういう者です

下画像をクリックして下さい。