2300系電車

2000系のマイナーチェンジ車両

2300系電車は、1995年に2000系の後期車として投入されました。

21世紀に向けて、紀伊電車初となるGTO-VVVFインバータ制御装置を採用しているほか、車内案内表示装置、LED表示装置、非常通話装置、車いすスペース、扉開閉予告ブザーなどを設置しています。また,旧3000系の置き換え用とされた為,ロングシートは長時間の乗車でも快適に過ごせるよう形状に工夫がなされているほか,初期に製造された編成はクロスシート仕様となっています。

また,2000系とは異なり二両編成が存在せず,6両×15本のみ落成していますが,2008年からは3ドアクロスシートを生かして特急運用,日中の普通運用などにも充当されています。

 

 

定員 120人(うち座席40人)
最大寸法 18,980x2,800x4,020mm
自重 29.2t
最高速度 120km/h
加速度 3.3km/h/s
減速度

4.0km/h/s

 

▲登場時の姿

 

また,2013年からVVVF装置の交換に伴う更新工事が開始されました。下回りのみならず,車体の発色や内装に至るまで,あらゆる部分に手が加えられていることが窺えます。

 

▼先陣を切って更新された第三編成の姿

▲第三世代トレインビジョンをドア上に装備

ICカードが使えます

紀伊電鉄線では、全線にてICカード「MAJICA」が使用出来ます。「乗る・貯める・使う」のMAJICAを是非ご利用下さい。

公式ツイッター

作者はこういう者です

下画像をクリックして下さい。