6000系電車

高野線の顔・6000系

6000系は、2008年に登場した山岳線専用車両です。高野線では長年投資が行われず,設備が高度成長期のまま止まっていたことから観光輸送には貧弱であり,輸送人員低下に悩まされていました。そんな高野線の救世主として、「紀伊登山電車」と合わせて高野線そのものを観光対象とする為に投入されました。

導入当初より5300系置き換えにあたり、現在では山岳路線の馴染み顔となっています。

高野線の厳しい勾配に耐える為、線路圧着ブレーキを備え、制御装置や台車にも一般車とは異なったものが採用されています。但し、車体は1000系等と同じくアルミダブルスキンを採用し、車内もバリアフリーに対応したものとなっています。

外観は、紀伊電車の緑に、紀伊山地に咲き乱れる花の色を合わせたデザインとなっており、内装は木目調に真紅の座席、黒色の床材を採用しています。また、山側のみ転換クロスシートとなっています。

 

因みに、5編成のみの在籍であるものの製造は一編成(二両)あたり五億円が計上されています。

 

起動加速度 3.1 km/h/s
営業最高速度 100(平坦・準山岳区間) km/h
設計最高速度 120 km/h
減速度 3.8 km/h/s(常用最大)
4.0 km/h/s(非常)
編成定員 152(立席)+80(座席)=232人
全長 18800 mm
全幅 2750 mm
全高 4060 mm
編成質量 75.0t
軌間 1,435(標準軌) mm
電気方式 直流1500V架線給電
モーター出力 100kW
主電動機 かご形三相誘導電動機
編成出力 100kW×8=800kW
歯車比 6.35
制御装置 東洋製IGBT素子VVVFインバータ制御
駆動装置 TD平行カルダン駆動方式
台車 緩衝ゴム式ダイレクトマウント空気ばね台車
ブレーキ方式 回生ブレーキ併用電磁直通ブレーキ、純電気ブレーキ付
保安装置 紀伊鉄形ATS
デッドマン装置
製造メーカー 川崎重工業車両カンパニー

 


編成一覧

第1編成 はなみずき

第2編成 さくら

第3編成 やまぶき

第4編成 すずらん

第5編成 あじさい

車内の様子

ICカードが使えます

紀伊電鉄線では、全線にてICカード「MAJICA」が使用出来ます。「乗る・貯める・使う」のMAJICAを是非ご利用下さい。

公式ツイッター

作者はこういう者です

下画像をクリックして下さい。